はちみつ百科 
   

 

美味しいはちみつは、元気なみつばちや花木、草花など大自然からの贈り物です。

近年は国産はちみつの生産量が減少しており、もしかするとこれは大自然からの警告ではないかと感じております。

皆さまの周りにある自然環境は、お変わりはありませんか? 

    
  

みつばちは花々を飛びまわり、糖度40%以上の花蜜を口から吸って蜜胃に貯めていきます。

0.05グラム程度の花蜜が貯まると巣箱に持ち帰り、巣箱の中で待っている内勤蜂に口移しで花蜜を渡します。

花蜜を受け取った内勤蜂はへインベルターゼと呼ばれるみつばち特有の転化酵素を加えて、花蜜をブドウ糖と果糖に転化して巣房(巣穴)に貯めていきます。

巣房に貯められた未完成の蜂蜜は、みつばちの羽であおられて水分を飛ばしながら糖度を上げて熟成されていきます。

この熟成作業は一晩中続くこともあります。

やがて糖度が80%(水分が20%)程度になると、内勤蜂は巣穴の壁(巣防壁)を噛んで折りたたむようにふた(蜜蓋)をかけて密閉します。

これで長期間保存可能なはちみつが完成しました。

 えごの花(上)と、れんげの花(下) 
  

 

 

 

 

 

 
   
 

 

 

 

みつばちの巣箱から蜂蜜を取り出す採蜜作業は、時期やその日の気温によって異なりますが早朝から行います。

採蜜する時は、遠心分離機や蜜刀、蜜こし器、煙をかけるための燻煙器などの道具を用います。

刺されやすい作業のため、服装には充分注意します。

燻煙器を使いながら巣箱から巣板を1枚ずつ取り出して、遠心分離機に入れて回し、はちみつを取り出します。

蜜こし器で巣片などの不純物を取り除いた後、工場でさらに目が細かい布を使ってろ過します。

はちみつは不純物を取り除いただけの天然の状態で瓶に詰められ、お客様の手元に届けられます。

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖ですが、その割合は採れた花の種類によって多少差があります。 

ブドウ糖の比率が高いはちみつは白く結晶しやすく、果糖の比率が高いはちみつは結晶しにくくなります。 

はちみつは室温が5~15℃あたりになると結晶しやすくなりますので、当園ではビン詰めしたはちみつは約25℃に保たれた定温室に保管し、お客様に結晶していないはちみつをお届け致しております。

   
  
   

 

 

 

 はちみつ定温室 
     
 

 

  

 

 はちみつを美味しく食べよう

    
 

はちみつはトッピングするだけで、あらゆる料理の甘味料としてお使いいただけます。

はちみつとの相性が特に抜群の簡単メニューをご紹介させていただきます。

この他にも、ホットミルクやスムージーなどに使っても美味しく頂けます。

    
   

【ミルクトースト】

厚めの食パンをフライパンで軽くトーストし、次にフライパンの中にミルクを加えてトーストに染みこませます。

ミルクが十分に染みこむと、ふわっふわの、とろっとろになります。

はちみつをとろーりトッピングすれば絶品グルメの完成です。

    
   

【コーンフレーク】

冷たいミルクや温かいミルクを加えて、サクサク感やトロトロ感が美味しい定番レシピです。

そこにはちみつをとろーりトッピングすれば、美味しいバランス栄養食の完成です。

    
   

【ヨーグルト】

ヨーグルトなどの冷たいデザートにはちみつをとろーりトッピングすると、はちみつは冷えて粘ります。

ヨーグルトのとろとろ感とはちみつのねばねば感が、絶妙の新食感を生み出します。

 

 

  
  みつろうそく  
 
    
  

みつろうとは、みつばちが巣作りの為に作りだす動物性の蝋のことで、近年注目されている天然素材です。

羽化後12日から20日のみつばち(内勤蜂)が、はちみつを食べた後、腹部にある蝋分泌線から蝋を分泌し巣を作ります。
この巣を集めて熱して精蝋したものがみつろうで、50gのみつろうを作るのに、約10kgものはちみつが必要だと言われております。

みつろうそくは中世ヨーロッパの教会で盛んに使われたことから、現在でもでも教会などを中心に広く使われております。

炎を消した時にふわっと広がる香りは、アロマテラピーとしても人気です。

また、みつろうそくは燃焼効率が高く黒いすす(油膜)や悪臭も少ないため、高気密住宅などでも重宝される傾向にあります。

 安全なグラスキャンドル 

 

 

 

 

 
 

近年は防災意識が高まってまいり、防災グッズの1つとしてグラスキャンドルが人気となっています。

倒れにくく、蓋付きのものをお選びいただくと良いかと思います。

みつろうは、軟膏や口紅をはじめ、化粧品などの添加原料として広く使われております。

日本やアメリカでは、みつろうに必要な加工を加えて、食品添加物としても使われております。

近年は乾燥肌対策用としてみつろうクが注目されるようになり、みつろうクリームを自作される方も増えております。