プロポリス百科     
      
 

 

プロポリスとは、はちみつやローヤルゼリーなどと同じく、みつばちによって生み出される蜂産品です。植物の樹脂やみつろうなどを噛み合わせて黒褐色のヤニ状物質にして、巣箱内の隙間に埋めて自然界からの雑菌の侵入を防ぎます。

そのため名前の語源はラテン語のプロ(前、正面)と、ギリシャ語のポリス(都市)から、「敵の侵入を防ぐ城壁」 に由来しているそうです。

プロポリスが持つ優れた抗酸化作用と抗菌作用は、自然界に存在する雑菌やウィルスなどから群を守る、まさに城壁なのです。

プロポリスは紀元前3,000年頃には既に認知・利用されていたと言われておりますが、日本で紹介されたのは僅か30数年前です。1985年に名古屋市で開催されました第30回国際養蜂会議(アピモンディア)で紹介されたのが初めてで、当時は健康食品業界や製薬業界に大きな衝撃を与えました。    

  
 

 

当園二代目社長大野清海が40歳の時にこの国際養蜂会議に参加し、ブラジルから持ち込まれ陳列されたプロポリスの原塊や、プロポリスを使って作られた製品についての説明を受けました。

その後、外国語の文献を頼りに試作を重ねて、翌1986年に自社製プロポリスエキスを発売開始し、翌年には(社)日本プロポリス協議会が設立し第一期会員となりました。 

(社)日本プロポリス協議会とは国内のプロポリス業界において最大の組織です。業務内容と致しまして食の安心安全の向上に努め、原材料の厳選基準からエタノールなどによる抽出方法まで、幅広い研究を行っております。

お客様が安心してプロポリス製品をお選び頂く際の目安となりますよう、(社)日本プロポリス協議会では日本食品分析センターに依頼して、会員の製品を厳しい基準で定期的に分析検査を行っております。全ての項目において基準を超えた製品には安心と信頼の証として「認定の証」を発行致しております。    

 

 

 
 

1998年にはプロポリス研究の第一人者である昭和薬科大学の藤本琢憲教授(現在は同名誉教授を経て(社)日本プロポリス協議会名誉顧問)をはじめとする諸先生方とブラジルを訪問させて頂きました。

ブラジル・ミナスジェライス州の南部高原地帯はまるで薬草・薬木の宝庫で、グリーンプロポリスの主原料となるバッカリス(アレクリン)をはじめクルシア、メイジャ、アラウカリア、ヘテロフィーラなどの薬木が数多く自生しております。 

さらに現地の養蜂業者や集荷業者を視察した後、プロポリスの研究において最先端を行くサンパウロ州立大学の研究室などを視察させて頂くことが出来ました。 

熱帯地方の過酷な環境のもとで有効成分を含む樹脂を集めるためには、適応力、攻撃力、生命力を兼ね揃えたミツバチでなければなりませんが、ブラジルではその全ての条件を満たした混合種ミツバチを飼育していることが、世界で類を見ないほど高い抗菌性を持つプロポリス原塊を集めることが出来る2つ目の理由であるとの説明を受けました。 

現在では、プロポリスは世界中で注目される蜂産食品になり、各国の研究機関で成分の分析が進んでおります。 

現在判明している成分だけでも100種類を超えるビタミン性フラボノイド(ポリフェノール)をはじめ、アルテピリンcやpクマル酸など重要栄養成分が豊富に含まれております。

  

   

プロポリスについて書かれた著書は世界中で多数出版されております。

中でも(株)ヘルス研究所から出版されております小冊子「マンガでわかる プロポリスパワーの秘密」は気軽に読めて分かり易いと好評のため、当園でも販売させていただいております。

詳しくは画面左、「お届け商品はこちらから」にあります「プロポリス」をご覧下さい。

近年はプロポリスをはじめとする健康食品によってガンが完治する例が続出していることから、2009年から厚生労働省研究班によるプロポリスが持つ効果の科学的な検証が始まったことが、2009年12月8日に発行されました健康産業流通新聞第757号で紹介されました。

東京女子医科大学の大野智准教授を中心とした検証チームが、ガンが完治された経験があり主治医の協力を得られる方に対して症例の提出を呼びかける内容が書かれております。

プロポリスが持つ高い活性酸素除去能力が、ガンに対してどれほどの有効性を発揮するのかについて、本格的な検証段階に入ったことが伺える内容になっております。

プロポリスの可能性を探る研究は当分続きそうです。            

  
   
  

 

 

 

 

  
  高濃度プロポリス・エキスと粒
       
 

当園のプロポリス製品は、世界最高品質との呼び声が高いブラジル・ミナスジェライス州産グリーンプロポリス原塊のみを使用しております。

プロポリスエキスは、その原塊を食品用アルコールに漬け込み、当園独自の製造工程を経て抽出致します。

(社)日本プロポリス協議会が定める規格成分含有量の約3倍以上の高濃度プロポリスエキス(26w/w%以上)に仕上げております。

乳化剤などは一切使用しておりませんので、ご安心してお召し上がり頂けます。

 

プロポリス粒(タブレット)を作る際にはプロポリス粉末を使用します。しかしその多くはプロポリス原料を丸ごと砕いて粉末加工したものです。プロポリス原料が占める成分の9割以上は粘土状物質のため、原料をまるごと粉末加工してしまうと有効成分が極端に低くなってしまいます。

そのため当園では有効成分のみを抽出したエキスを粉末加工したプロポリスエキス粉末を使用することにより、1粒あたりのプロポリス含有率は16.8%以上の高濃度を実現致しております。

 

 

 

    
 

プロポリスエキスは食品用アルコールで抽出しておりますので、アルコールが苦手な方、これからおクルマを運転される場合などにはプロポリス粒をお勧め致します。

 

 

 

 

 

 

  お召し上がり量の目安
       
 

健康維持を目的とされる場合の目安です。吸収力は人それぞれ異なりますので、ご自身に合った分量をみつけてお召し上がり下さい。

 

プロポリスエキス/体重10㎏あたり1日に2~3滴(例、体重60㎏の人は1日に12~18滴)

プロポリス粒/体重20㎏あたり1日に1粒(体重60㎏の人は1日に3粒)

 

お召し上がる時間は、朝・昼・夕など1日に数回に分けていただきますと吸収率が上がると言われております。

 

 

                     
 

 プロポリスエキスの作り方

     

                            

 
 

当園のプロポリスエキスは乳化剤等を一切使用していないため、コップにプロポリスが付着します。

使い切りの紙コップ等をお使い頂くことをお勧め致します。

プロポリスエキスをお召し上がりの際に高吸収率で飲みやすく、コップ等へのプロポリスの付着を大幅に軽減できる方法をご紹介致します。 

 

①コップに大さじ一杯程度の蜂梅蜜を入れて、次に蜂梅蜜の上にプロポリスエキスを適量たらします。

 

②蜂梅蜜とプロポリスエキスが均一に混ざるまで、コップの底で円を描くようにくるくる回します。


③よく混ざりましたら、水やお湯、またはぬるま湯を適量入れれば出来上がりです。 この時に多少勢いよく注ぎますと混ざり易くなります。

 

 

蜂梅蜜とは、蜂蜜に朝採り青梅をたっぷり漬け込んだ、当園のオリジナル商品です。爽やかな風味でプロポリスエキスが美味しく召し上がれます。

 

詳しくは画面左のお届け商品覧にございます「プロポリス」をご覧下さい。

 

 

     
 

 

 のどを雑菌から守る強い味方 

       
  

プロポリスは抗菌作用が大変優れておりますので、のど飴にも配合されて活躍しております。 

 


プロポリスは免疫力の向上作用や抗菌作用が高いため、インフルエンザ対策に大変に高い期待が持たれており、プロポリス入りののど飴についての有効性が報告されております。(東京医科歯科大学・藤田紘一郎名誉教授、週間文春2009年5月28日号で発表) 

 

 

 プロハーブ化粧品 

       
 

プロポリスは抗酸化作用と抗菌作用に優れているため、食用としてだけではなく化粧品などにも幅広く使われております。

プロハーブ化粧品シリーズは、プロポリスと6~14種類の天然ハーブと※EMの組み合わせで、高い安全性と浸透性を実現しました。 

  無香料、無着色、天然素材、低刺激の、素肌に優しい化粧品が揃っております。

洗顔や保湿、栄養補給をはじめ、カサカサ手足からひび割れかかとまで、男性やお子様、ご年配の方にも安心してお使い頂ける内容になっております。


※EMとは、農薬や化学肥料を使わない有機農業の概念から生まれた有効微生物群(Effective Microorganisms )の略語です。